総量対象外カードローンの審査通りにくい?

キャッシングベスト3

総量規制対象外カードローンって審査を通るのは難しい?

総量対象外でカードローンを組もうと思っています。債務整理というよりは、足らない分の融資を希望の予定です。一部調べてみたところやはり総量対象外の審査は厳しいと聞きました。他からの借り入れがある場合なと審査が通らないケースがあるらしいのです。しかし、何とか通るようにお願いしたいのです。どのようにすれば審査を通過できるか教えてください。

まずは身の回りから確かめてみましょう

やはり、甘めな印象よりも少し厳しい印象の方が強いようです。総量対象外で金額的に多くなりがちですし破産してしまうような状態な方へ融資することはできないですから。

しかし味方につければ、とても強い味方になってくれるのも事実です。収入見込みのない主婦でも借りることが可能だったり、借金を一つにおまとめすることで支払いをスムーズに行くようにできはるようになったりもします。つまり低金利で高限度額がそれをあらわしているのです。

故に支払いがとどこおっている等マイナス要素が保険会社から話があると査定がとおりにくいといわれてしまう所以かもしれません。
けれど、以前に比べて会社によっては即日融資可能なケースも増えたりと柔軟な対応になってきているのでしょう。

以上のことから、まずは今借りている金額・条件・金利等キチンと把握することが大切です。ひそして何に対して融資していただくのか、それは本当に必要なものであるかを確認してから申し込みましょう。

総量規制対象外のカードローン審査について

カードローンは大きく分けると総量規制の対象か、総量規制対象外かに分かれます。

これは金融会社によって、総量規制の対象かどうかが変わってきます。カードローンには審査がありますが、この総量規制の対象かどうかによって、内容がやや変わってきます。

まず、申し込みをする時は基本的に収入を証明するために源泉徴収や給与明細を準備しておくことが必要となります。しかし、総量規制対象外の場合、小口融資に限っては収入証明が不要となっている会社が多いので、身分証明があれば申し込みをすることができます。総量規制の対象となる会社なら、小口融資でも収入証明を求められることになります。言わば、年収が少なくて合格できるかどうか不安な場合、総量規制の対象外となっている銀行などで申し込みをしますと、収入証明無しで申し込めるので、合格しやすくなります。収入証明が不要というのは、申込者の収入が問われないということでもあります。

しかし、収入証明が不要の会社でも、100万円以上借りるなど、大口融資を受けるときはやはり必要となることが多いので、その点は理解しておきたいものです。

また、総量規制の対象となる金融会社でカードローン審査を受けますと、どれだけ返済能力が高く評価されても、自分の年収の3分の1以上は借りることができません。しかし、総量規制の対象外となっている会社であれば、その縛りが無いため、大きな金額を借りることができます。総量規制に関して、年収の3分の1という規制がある場合、それはどこか1つの金融会社に限っての話ではなく、金融会社全体としての借金総額から判断されるので、総量規制対象の会社を2社利用する場合なら、その2社の合計として年収の3分の1以上の借入ができないということになります。

このように申し込みをする時は総量規制の対象かどうかによって、かなり審査の内容は大きく変わってくるので、しっかりとこの点については覚えておきたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 アイフルの増額融資よりも確実に借りられそうな会社教えます! All Rights Reserved.